オイリー肌の原因と対策~不適切なスキンケア~

オイリー肌を招いてしまう原因のひとつに不適切なスキンケアがあります。実は間違ったお手入れは、脂性肌だけでなく乾燥や肌トラブルなども招いてしまうので注意しましょう。ここでは代表的なオイリー肌の原因と対策方法についてまとめました。

■オイリー肌のもっとも大きな原因は過剰なクレンジングや洗顔

実はオイリー肌を招いてしまうもっとも大きな原因は過剰なクレンジングや洗顔にあります。脂性肌だからさっぱりさせようと洗いすぎてしまうと、肌のうるおいを守っている皮脂膜を落してしまいます。

 

○皮脂膜を落してしまうのがベタつきの原因

通常、健康な肌は一定量の皮脂によって肌が覆われています。皮脂膜は肌内部の水分の蒸発を防ぎ、空気に触れてもうるおいが奪われないようバリア役を果たしています。ところが過剰な洗顔によって皮脂膜が奪われてしまうと、角質層に隙間ができて肌内部の水分が蒸発してしまいます。

肌は皮脂膜によって保湿されているため、皮脂がなくなってしまうと緊急事態を察知し、大量の皮脂を分泌してうるおそうとします。皮脂の過剰分泌によって肌はベタつき、オイリー肌を形成してしまうのです。ではどのようにスキンケアを見直せばいいのでしょうか。

○オイルクレンジングの使用をやめる

オイルクレンジングはメイクだけでなく皮脂膜も奪ってしまうのでやめましょう。ミルククレンジングやクリームクレンジングはうるおいを守りながら落とせるのでおすすめです。

○すすぎはお湯を使わない

お湯ですすぐと皮脂膜を落してしまうのでやめましょう。ぬるま湯も落としてしまうので、ひんやりしない程度の水を使うと毛穴が開いたまますすげるのでもっともベストです。

○洗浄力の強い洗顔料は最悪

界面活性剤を使った洗浄力の強い洗顔料の使用をやめましょう。同じく皮脂膜を落してしまいます。肌にやさしい洗顔料にするか、肌トラブルが起きないようなら水でのすすぎのみでもOKですよ。たっぷりの回数すすげば十分汚れを落とせます。

○スクラブ、力を入れた摩擦をやめる

ゴシゴシと肌に摩擦やダメージを与えてしまうスクラブや力づくのマッサージは、皮脂膜を奪うだけでなく、角質層にも傷をつけてしまいます。皮脂膜の下にある角質層はたっぷりの水分を含むことで、皮脂膜と同じく肌を守るバリア役を担い、うるおいを保っています。

■保湿が足りていないスキンケアでもオイリー肌に

オイリー肌だから、乳液やクリームを使わないという方も少なくありませんが、実は間違いです。洗顔後の肌は皮脂膜が低下し角質層も水分不足になりがちで、乾燥しやすくなっています。化粧水をつけるだけでは皮脂膜の代わりになるものがなく皮脂自らを大量に分泌してしまい、ベタつきを招いてしまいます。

基礎化粧品は正しく使うのがもっとも効果的ですので、基本の化粧水と乳液を確実に使い、うるおいを保ちましょう。

現代では洗いすぎによる肌トラブルが多発していますが、オイリー肌はまさにその初期段階だと言えるでしょう。不適切なスキンケアはベタつきを促進するので中止し、保湿するケアを集中的に行ってください。肌のお手入れはシンプルでいいので、ていねいに行うことが大切ですよ。