オイリー肌のメイク方法~化粧崩れの対処法~

皮脂によってドロドロになった化粧崩れはどのように直せばいいのでしょうか。きっちりメイクであるほど朝の状態を長時間維持するのは難しく、直すのが不可能なほどヨレてしまうこともあります。ここではオイリー肌の化粧崩れの対処法についてまとめてみました。

オイリー肌の化粧崩れの直し方

オイリー肌のメイクは、薄化粧にするのが基本です。まずはナチュラルメイクであることを前提に、化粧崩れの直し方についてまとめました。

1. まずは皮脂をティッシュオフする

余分な皮脂をティッシュオフし、ベタつきを落としましょう。あぶら取り紙を使う方もいますが、肌を保湿している皮脂も奪って乾燥させてしまうのでおすすめできません。ティッシュなら浮いている皮脂だけを吸収するのでおすすめです。

2. 化粧水または乳液をつける、スポンジではたく

化粧水か乳液をつけて保湿しましょう。化粧水をつけると気化するときに肌表面の温度を下げるので、皮脂の分泌を抑えられます。ファンデーションがウマく乗らない場合は、乳液を使ってください。インナードライ肌は肌の内側が乾燥しているので、積極的に保湿してあげると、メイクのりがアップします。

また化粧水や乳液を使わなくても、キレイなスポンジで崩れた化粧下地やファンデーションを均すだけで、美しくメイク直しができる場合もあります。スポンジで肌の表面の崩れたメイクを均してください。いずれも自分に合った方法を試してくださいね。

3. パウダーファンデーションを乗せる

ファンデーション

最後はパウダーファンデーションを軽く乗せましょう。スポンジよりもブラシを使えばキレイに仕上がります。ブラシを軽く持って大胆に大きくクルクルするようにつけると、美しく仕上がりますよ。よりナチュラルを目指す方はルースパウダーだけでもOKです。

いっそのこと、メイクを1から直すという方法も!

ベタつきの激しいオイリー肌はしっかりメイクほど崩れてしまうものです。特に合成ポリマーを使ったリキッドファンデーションを使っている場合は要注意。もしきっちりメイクをしている場合は、拭き取りクレンジングを持ち歩いて、1から直すと美しく仕上がります。

肌に皮脂まみれの化粧下地やファンデーションが残っていると、ファンデーションでムラを起こしたり、崩れやすくなったりしてしまい、キレイに直すのが難しくなってしまいます。すべてをクリアにすると、思い通りにファンデーションを乗せやすくなりますよ。

拭き取りクレンジングの代わりに乳液をコットンに湿らせて行う方法もあります。ファンデーションや化粧下地などのメイクと、乳液は油分と油分ですので、メイクを浮かします。乳液ならやさしくメイクを落とせるうえ、基礎化粧品を使わなくていいのでおすすめですよ。

拭き取りメイク落としを使った後も、基本的に基礎化粧品は必要ありません。ただ個々の肌の状態によるので自分の肌に合った方法で、化粧水などを使用しても構いません。化粧水と乳液を使わなければ美しくファンデーションが乗らない方もいるでしょうし、乳液だけでキレイに仕上がる方もいます。

少し手間になりますが1から化粧崩れを直せば朝のような美しいベースメイクに仕上がりますよ。もしメイク崩れを防ぎたいのなら、ファンデーションや化粧下地を薄くするのが、もっともオイリー肌を美しく仕上げるポイントだと言えます。