オイリー肌のメイク方法~メイク前のスキンケア~

時間の経過とともにベタつきを招いてしまうオイリー肌のメイクは、どうしても崩れてしまいがちです。ベタつきの原因は皮脂ですので、少しでも皮脂の分泌を抑えるスキンケアをすることがメイク持ちにつながりますよ。

まずは洗顔から。皮脂を残して洗うのがオイリー肌に効果的

メイク崩れは皮脂の過剰分泌によって引き起こされてしまうので、まずはベタつきを抑えるために皮脂を残して洗顔するのが大切です。もし洗顔で皮脂を落してしまうと、肌が乾燥の危機に陥ると自動的に判断し、大量の皮脂を分泌してギトギト状態を招いてしまいます。

オイリー肌は皮脂を落すことが大切だと誤解していますが、実は逆効果。皮脂を落すとさらに大量の皮脂が分泌され、いたちごっこになってしまいます。よっていつまで経ってもベタつきは改善されません。皮脂を残して洗顔するのが、メイク崩れを防ぐのに効果的です。以下のポイントを抑えて洗顔すると効果的ですよ。

やさしい洗顔料or水だけ洗顔を

界面活性剤を使用した洗顔料は洗浄力が強すぎてしまうので避けましょう。特に「洗顔フォーム」は界面活性剤が含まれている可能性が高く、皮脂膜を奪いオイリー肌の原因になってしまうので避けると安心です。

お肌にやさしい処方の洗顔料にするか、水だけでの洗顔でも十分です。朝、起きたときの顔はほとんど汚れていないので、洗顔料を使う必要はありません。ただ肌質によってはニキビができてしまう方もいるので、様子を見ながら水だけにするか、洗顔料を使うのか決めてください。

すすぎは水を使って

お湯ですすぐと皮脂を奪ってしまいます。洗顔料の使用と同じくオイリー肌を招いてしまう原因になってしまうので、必ず水を使ってください。ただひんやりすると毛穴が引きしまり、毛穴の汚れを落としにくくなってしまうので、冷たすぎない水がベストです。基本的に朝の洗顔は、水によるすすぎだけでOKと心得てください。

基礎化粧品で徹底保湿スキンケアを

洗顔後は基礎化粧品を使って徹底的に保湿しましょう。保湿不足によってオイリー肌を招いているので、うるおい重視でスキンケアしてください。化粧水は十分に肌に入れこんでください。時間があればマスクパックやコットンパックを1、2分行うと肌が水分でふっくらし、ベタつきを抑えやすくなります。

4e5c723ccae39da399b3030e32152708_s

適宜美容液を使ったら、仕上げに乳液を使いましょう。保湿成分が肌に留まってうるおいをキープしやすくなります。十分に保湿が効いている肌はオイリー状態を防げるので、メイク持ちを維持しやすくなりますよ。

スキンケアの仕上げにしゅうれん化粧水を使う

基礎化粧品の最後にしゅれん化粧水を使うと肌を引き締めるのに効果的です。一般の化粧水とは違い、基礎スキンケアの最後のステップで使用し、与えたうるおいを閉じ込めるのに役立ちます。ベタつきが気になるオイリー肌のメイク前のスキンケアにぴったりですよ

どうしてもベタつきが出てしまいがちな脂性肌。メイク崩れを引き起こしやすく憂鬱ですが、少し手間をかけてあげるとメイク持ちがアップします。同じオイリー肌でも肌質は違うので、自分にぴったりな方法を試してくださいね。